FC2カウンター


プロフィール

サティコ。

Author:サティコ。
好きな精油:ネロリ、パルマローザ、シダーウッド、柚子   

このブログを見て少しでも皆
さんがアロマに興味を持って
いただければ、
また、アロマを勉強する際に
参考にして頂ければ幸いです

どうぞゆっくりくご覧下さい

JAAアロマコーディネーター

AEAJ認定
アロマテラピーアドバイザー
アロマテラピーインストラクター


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新訂 目でみるからだのメカニズム新訂 目でみるからだのメカニズム
(2000/10)
堺 章

商品詳細を見る


アロマ検定の結果も届いたようですね。
合格されたみなさん、おめでとうございます♪
合格で思い切ってインストに挑戦される方もたくさんいるみたいですね。

私は、問題集はオフィスフローラのものを。
    解剖・生理についてはこの『目でみるからだのメカニズム』を使いました

私の試験を受けた印象ですが、
実際の試験問題もこちらから出題されているような気がしました。

他の参考図書は『からだの地図帳』もありますが、
生理学などが分かりやすくかいてあるのは『目でみるからだのメカニズム』だと思います。
これは買っておいても損はしないと思います。

学生の頃に地図帳を買って持ってましたが、全く使いませんでした。

オススメの使用方法は
コピーして自分のノートに貼る!!
どうしても図を使った方が分かることもあります。特に皮膚のあたり・・・

こんな感じ⇒20080612131154_convert_20080612131524.jpg


もし購入される時はココからお願いします→→→→→→→→→→→→→→ひよこ




スポンサーサイト
成人女性のエネルギー所要量2000kcal(基礎代謝は1200kcal)
 ※エネルギー所要量:基礎代謝量に個人の生活活動に
  必要なエネルギー量を加えたもの年齢や性別、運動量によって異なる
  20代男性2500kcal

5大栄養素=糖質(炭水化物)、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル
6大栄養素=上記5種+食物繊維

【タンパク質】
エネルギー量:1g=4kcal
1日の所要量:男性:65~70g、 女性:55g
食品:肉類、魚介類、卵、大豆、大豆製品
特徴:筋肉、内臓、血液、皮膚、骨など体をつくる主要成分で、
    ホルモンや酵素、免疫物質、神経伝達物質などに関与する
   ※タンパク質は約20種類のアミノ酸が結合してできている。
     特に重要なのが9種類の必須アミノ酸(乳児は10種:アルギニン)
     これらは体内で合成できないので、食品から摂る必要がある。
     ⇒アルギニン、メチオニン、フェニルアラニン、リジン、ヒスチジン、
       トリプトファン、イソロイシン、ロイシン、バリン、スレオニン
     覚え方:あめふりひといろばす(雨降り人色バス)
過剰:肥満、腎機能低下、肝機能低下、痛風
不足:免疫低下、貧血
     


【糖質】
エネルギー量:1g=4kcal
所要量:1日総エネルギーの50~60%(男性:400g 女性:300g)
食品:ご飯、パン、めん類、いも類、果物、砂糖、はちみつなど
特徴:脂質やタンパク質より消化吸収が早い。
    脳の働きを助ける唯一のエネルギー源。
    アミノ酸や脂質合成の材料となる
   余分に摂ると中性脂肪などに変わって蓄積される
   ⇒脂質は肝臓に運ばれグリコーゲンとなって貯蔵される

【脂質】
エネルギー量:1g=9kcal
所要量:1日総エネルギーの20~25%(男性:50g以下、女性:40g以下)
食品:植物油、バター、マーガリン、ラード、マヨネーズ、ごまなど
特徴:十二指腸に達するまで消化されない
    糖質やタンパク質に比べ、2倍以上の効率でエネルギーを発生
    細胞膜などの構成成分となる(リン脂質)
    ホルモンの材料
    経口摂取しないと欠乏する→皮膚の乾燥 骨粗鬆症
    脂質の種類にはトリグリセリド、コレステロール、リン脂質などがある。

①脂肪
エネルギー源になる。
いくつかの脂肪酸からなり、それぞれ体の中で異なった働きをする。
飽和脂肪酸(常温固体:脂)、
不飽和脂肪酸(常温液体:油)
② リン脂質
エネルギー源にならない。
鶏卵、大豆油などに多い。細胞膜の成分として体に不可欠。
③コレステロール
エネルギー源にならない。
鶏卵、魚介類の卵などに多い。
細胞膜や神経伝達物質、副腎皮質ホルモンの材料などになる。

『飽和脂肪酸』
・悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を増やす
・主に動物性脂肪(バター、ラード、牛脂、卵黄、肉類)に多く含まれる。
・血中コレステロール値を上昇させるので、過剰摂取は禁

『不飽和脂肪酸』
必須脂肪酸を含み、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす

(1)多価不飽和脂肪酸→ リノール酸、α-リノレン酸、DHA、EPAなど。 
これらは体内で合成することができず、食物から摂らなければならないため、
必須脂肪酸といわれる。
DHAは血栓の予防や脳の発達に関与
EPAは血小板の凝集を抑制して、コレステロールを低下
リノール酸は紅花油、綿実油など、
α-リノレン酸はシソ油、野菜、豆類、魚類など、
DHA、EPAは青魚

(2)一価不飽和脂肪酸→ オレイン酸。
善玉コレステロール値を高めて、善玉コレステロール値を適量に調節する
オリーブオイルに約70%含まれている。

       コピーは自由にして頂いて結構です。コピーされましたらコメントお願いします♪
                         

テーマ : アロマ・リラクゼーション - ジャンル : ヘルス・ダイエット

更新が遅くなってすみません、インスト試験まであと3ヶ月ですね。
私も本格的に始めたのは3ヶ月前でした。今からでも充分間に合います♪

オイル以外の基材論です。

【水】
清潔で純度の高い水。 
薬局で売っている精製水が向いてます。500mlで¥100くらい。
ミネラルウォーターなら、軟水。硬水は沈殿物ができます。

【アルコール】
無水エタノールが向いている。これも薬局で500mlで¥1200~1500くらい。
無水エタノールがなければ、無色無臭のウォッカでもOK。
アルコール度数の高い物を選択する。
※無水エタノールは直接手で触れないように。手が荒れます。

【ミツロウ】
ミツバチの巣を煮て抽出する。クリームやパック、キャンドルの基材になる。
精製されたものは白色、未精製のものは黄色。
保湿・殺菌・消炎・角質軟化作用がある。

【クレイ】
鉱物が主成分の粘土。吸着作用があり、クレンジングやパックに使用する。
角質除去、殺菌作用もある。
モンモリオナイト、ガスール、カオリンなど。

【グリセリン】
ココナッツ油、パーム油などから作る。甘味があり、無色透明。粘り気がある。
化粧水やクリームの基材として使用。
エモリエント作用(皮膚軟化作用)
モイスチャー作用(保湿作用)

【天然塩】
ミネラルを含んだ天然塩には発汗作用があり、毒素排出作用もある。
粗塩やバスソルトを使うことが多い。
皮膚への刺激もあり、敏感肌の人は注意が必要。

【重曹】
炭酸水素ナトリウムのこと。重炭酸ソーダ、ベーキングソーダとも言う。
お掃除でも流行ってますね。
ミネラルを含んだ重曹は、発汗作用・毒素排出作用などがある。
バスボムには重曹とクエン酸を入れると発砲する。

【芳香蒸留水】
別名フローラルウォーター。コレ大事!前回の※●△◆□・・・・・。
水蒸気蒸留法で精油を抽出する際にできる副産物。
蒸留すると水分に油に分離する。油は精油。水分はフローラルウォーター。
原料の芳香成分や水溶性の成分が溶け込んでいるため、わずかな効果や香りがある。
老人や赤ちゃんなど精油が使えない人にも使いやすい。
化粧水の基材として使用。

【抽出油】
キャリアオイルにハーブなどを浸して成分を抽出したもの。
 <カレンデュラオイル>
  ポットマリーゴールドの花をサンフラワーオイルに漬け込んだ浸出油。
  傷、しもやけ、ひび、あかぎれなど。
 <セントジョーンズワートオイル>
  セントジョーンズワート(西洋オトギリ草)を大豆油やピーナツ油に漬け込んだ浸出油。
  抗うつ、鎮静、鎮痛など。 

【チンキ】
アルコールにハーブを漬け込んだ浸出液。
化粧水などに使用する。
ハンガリーウォーターもローズマリーのチンキ。


            コピーは自由にして頂いて結構です。コピーされましたらコメントお願いします♪
                         


                         FC2ブログランキング参加中
                   ♪参考になりましたら1クリックお願いします♪

                              

                                                 サティコぴんくのくま
 

テーマ : アロマ・リラクゼーション - ジャンル : ヘルス・ダイエット

検定でも出てきた『睡眠』 もう少し詳しく勉強しておきましょう。

睡眠とは?
・睡眠の目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっている。
・下垂体前葉は、成長ホルモンを分泌する。
 →子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。
・免疫力やストレス物質の除去などがある。


レム睡眠:浅い睡眠。身体は休んでいるのに、脳は活発に動いている状態
      大脳修復、身体休息。
      ※REM:Rapid Eye Movement レムとは高速に眼球が動いていること
ノンレム睡眠:脳が休息し、深い眠り。成長ホルモンが活発に分泌される。寝る子は育ちます♪

☆ポイント☆
脳が動くと、眼球が動く!!!

・ノンレム睡眠とレム睡眠は必ず一組になって出現する
・この一組を「睡眠周期(睡眠単位)」と呼び、個人差があるが、およそ90分間。
・成人の場合、1度の睡眠6~9時間の間に、4~6回の睡眠周期を繰り返す。
・眠りのホルモン:メラトニン。メラトニンの分泌は夜高まり、朝弱くなる。


色分けしてみました↓ 分かりますか??
ノンレムすいみんjpeg


         レム睡眠                          ノンレム睡眠

          浅い              眠り              深い
          動く               眼球             動かない
          収縮              瞳孔              散大
          多い             呼吸回数           少ない
          多い             心拍数             少ない
          高い              血圧              低い
          見る               夢              見ない
          起こる             金縛り            起こらない
           ×             骨格筋緊張            ○
           ×               寝返り             ○
          少ない              尿量             多い


サーカディアンリズムとは?
約24時間周期の身体の生理機能にみられるリズムを概日リズムという。
生物が生まれつき持っている内在性のリズム発生機構を体内リズムと呼び
そのうちの1つ。


     コピーは自由にして頂いて結構です。コピーされましたらコメントお願いします♪

                      FC2ブログランキング参加中
               ♪参考になりましたら1クリックお願いします♪

                           
                                 

                                              サティコ。ぴんくのくま

テーマ : アロマ・リラクゼーション - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ここの分野も常識の範囲で答えれば答えられると思います♪
サラっと読んでおくといいですね。

ボランティアのポイントは4つ
①非営利
②自発性
③自由で多彩な活動
④対等な関係


インストラクターの心得
AEAJのインストラクター定義
①安全で正しく豊かなアロマテラピーと実践できるように指導できる
②地域の講師として、ボランティアとして教育活動に携わることができる

能力と資質
①自然と人間との関係について自分の考えをしっかりもつ
②ホリスティックという観点からアロマテラピー全体。健康について理解
③新しい情報を収集し、研究、勉強に努め、より高いアロマテラピー教育ができるよう努力する

      コピーは自由にして頂いて結構です。コピーされましたらコメントお願いします♪
                    

                    FC2ブログランキング参加中
              ♪参考になりましたら1クリックお願いします♪

                           

                                            サティコぴんくのくま

テーマ : アロマ・リラクゼーション - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。